福岡にある医学部受験予備校について

頼れる講師陣

医学部受験には予備校選びが大切 / 頼れる講師陣 / 医学部予備校は合格実績の確認も大切

一般的な大学受験でも頼りになりますが、小学生や中学生に、資格を取得したい社会人も通っています。
医学部受験も同学院が注力する指導の1つで、例えば他の予備校で6年浪人した人が1年で国立に合格した、という実績を残しているほどの実力です。
あるいは、25年のブランクがある社会人が再受験を受けて合格できた、そういう魅力的なサクセスストーリーもあります。
他にも、現役時からセンター試験200点アップで旧帝大に合格したなど、次々に目を離すことのできない実績が増えています。
無料特待生がいなくても、福岡にも校舎のある四谷学院では、ダブル教育で続々と医学部合格者を輩出します。
これだけの実績を実現できている理由は、教え方の上手さがあって着実に合格を目指せる環境を実現しているからだと考えられます。
講師はみなプロ意識を持っていますし、生徒に対する面倒見の良さがありますから、生徒も信頼して通える予備校となっています。
科目別能力別のクラス授業は、得意科目を上級クラスに、苦手科目を基礎クラスに分けてそれぞれ学べるのが特徴です。
定期的に学力のレベルをチェックすることで、その人に合わせた最適なクラス編成が行われます。
クラス編成の見直しは、毎月実施されるレベルアップテストに基づくので、何度も上級クラスに上がれるチャンスがあります。
講師は勿論、大学受験のノウハウを有しているプロの先生達で、難解に思える問題も基礎から突破口を破る方法を教えてくれます。
なるほどと理解できる、実感や感動が覚えられる授業を展開しますから、自然に次を学んでもっと先に進みたい意欲が湧いてくるでしょう。
教室の広さは一般的な高校と同程度なので、生徒と先生の距離が適度に近く、気軽に質問を行えるのがポイントです。
クラス授業で理解できた内容は、55段階個別指導で得点力が高められることになります。
科目別に中学レベルから難関医学部レベルまで、55段階で細かく項目を分けて1つずつチェックするのが、この55段階個別指導システムです。
基礎力を定着させてから応用力を引き上げるので、効率良く学習内容が身についたり、何時でも合格に自信が持てる状態が保てます。
普通は本人が自ら問題演習に取り組み、学習を振り返って自己採点やチェックを行うのが一般的です。